瀬戸市 名古屋市北区 で介護事業、健康増進事業を展開する フジ・ライフサービス株式会社 のホームページです

医療介護事業部理念

「リハビリテーション」とともに

質の高い介護をする、とはどういうことでしょうか。
介護とは、心身等に何らかの不都合がある方に対して必要な世話をすることですから、質の高い介護とは一生懸命たくさんの世話をすることなのでしょうか。

私たちは、介護事業における質の高さとは、「世話の量」ではないと考えます。利用者様が「自立」に近づけるよう援助すること、「リハビリテーション」を行っていくことが重要だと考えます。
言い換えれば、「世話をする」という仕事なのにも関わらず、「世話をしなくてもすむ」ことを目指します。まるで自己否定のようですが、例えば「教育」とは、いつか教えられなくても自分の力で考えることができるようにするためにしているといえるでしょう。

ところで「リハビリテーション」はよく「機能訓練」と誤解されます。「今日病院にリハビリに行って来る。」などというのは要するに機能訓練のことを指しているのでしょうが、これはリハビリテーションの本来的意味ではありません。
機能訓練はリハビリテーションの主要かつ重要な「手段」ですが、「リハビリテーション」の持つ意味は、単に機能や能力の向上に価値を集約させない「本来の自分らしさを取り戻す、あるいは作り上げる過程」です。

とりわけ介護事業において出会う利用者様に対しては、こうした考え方が大変重要な意味を持ちます。心身機能・人間関係・経済力などの量的財産を獲得するより喪失することが圧倒的に多い中、いかにして人生の価値を見出していくことができるか。
それが簡単なことではないと容易に想像できます。だからこそ、私たちは「リハビリテーション」を通じてその人らしい人生を見出すことを援助していきたいと思っています。

事業開始より、3年が経過いたしましたが、リハビリテーションという関わりの中で、肯定的に前向きに生きていく利用者様の姿に何度も励まされてきました。私たちはまだまだ未熟ですが、介護事業においてそうした取り組みが重要であり、かつ社会が求めていることであると自覚し、一歩一歩成長していきたいと考えています。

2010年10月
フジ・ライフサービス株式会社
医療介護事業部